産育のすすめ

 産育とは、子どもが大人になるまでにおこなわれる行事、慣わしのことです。昔は乳幼児死亡率が高かったため、 節目節目でお祝いをして神さまへの感謝とさらなる成長を祈願しました。乳幼児死亡率が改善した現代では、 その意義が薄れているとも言えますが、お子さんの成長が喜ばしいことに変わりはありません。皆様で一緒にお祝いをしましょう。

お七夜

お七夜

 お七夜は、誕生から7 日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いです。生後7 日目に赤ちゃんに名前をつけ、 祝膳を家族で食べてお祝いをします。この際に名前を書いた紙を神棚や床の間に貼り、お宮参りまでの約1 ヶ月間飾ります。

初宮詣

初宮詣

 初宮詣は子どもが初めて神社にお参りする行事です。赤ちゃんの無事な誕生を報告をし、今後健やかに成長できるよう、 神職がご神前で祝詞を奏上して祈願します。一般的には、男の子では生後31、32 日目、女の子では32、33 日目とされていますが、 あくまでも目安です。赤ちゃんやお母さんの体調、健康を第一に日程をお選びください。
 なお、当宮での初宮詣のご祈祷は予約制ではなく、お申込みごとに随時となります。基本的に一組ずつのご奉仕ですが、 状況により合同でさせていただく場合があります。
 記念写真をご希望の場合は、スタジオフォトアトリエ・ミックへどうぞ。 (撮影は予約制です。お手数ですが、リンク先へ直接お申し込みください。)

お食い初め

お食い初め

 お食い初めとは、生後百日前後で食べ物に一生困らないようにとの願いから、お膳を用意し食べる真似をする儀式です。 平安時代から行われてきた行事で、一汁三菜の祝い膳が正式な形です。地域によっては歯が丈夫に育つようにとの願いから、 お膳に歯固め石を載せることもあります。
 わら天神宮では、初宮詣のご祈祷を受けられた方に、お食い初め用の膳を授与しております。お食い初めの儀の際にお使いください。

初節句

初節句

 初節句は、子供が生まれて最初に迎える節句です。男の子なら最初の端午(5 月5 日、こどもの日)、 女の子なら最初の上巳(3 月3 日、雛祭り・桃の節句)が祝われます。今後毎年節句に飾ることになる五月人形・鎧兜・鯉のぼりや 雛人形などが用意され、初めて飾られます。子どもには陣羽織が着せられます。

七五三

七五三

 七五三は、古くからの風習である三歳の「髪置(かみおき)」、五歳の「袴着(はかまぎ)」、七歳の「帯解(おびとき)」に由来する行事です。
 「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。「袴着」は男の子がはじめて袴を着ける儀式で、 「帯解」は女の子がそれまでの幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式です。 「七歳までは神のうち」という言葉が示すように、昔は乳幼児死亡率が高く、七五三の年齢までの子どもの成長は神さまにお任せするしかありませんでした。
 お子さんが無事に育つことができたことをお祝いして神さまに感謝し、これからのさらなる成長をお祈りしましょう。 なお、本来は数え年で11 月15 日に祝いますが、満年齢で、また参拝の日取りも11 月15 日前後の都合の良い日でも問題ありません。

古(いにしえ)のこころ

古(いにしえ)のこころ

銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに
優(まさ)れる宝 子にしかめやも (山上憶良)

「金銀財宝にどんな価値があるというのでしょう。子に勝る宝など他にないというのに。」

 1300年前に詠まれた歌です。私たちは、万葉の昔から子を大切にしてきました。どれだけ時代が経とうとも、変わることのないこころがそこにあります。 先人から受け継いだそのこころを未来に伝えていきましょう。