安産祈願をお考えなら京都のわら天神宮

わら天神宮

075-461-7676

〒603-8375 京都市北区衣笠天神森町10

受付時間:8時半より17時まで

安産祈願なら京都のわら天神宮

 「わら天神宮」のご祭神、木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)は、安産・子授け・縁結びの守り神として信仰されています。

 なお、「わら天神宮」は通称で、正式には敷地神社(しきちじんじゃ)といいます。この名前は、妊婦さんに授与する安産祈願のお守りの珍しさから広まりました。安産のお守りのわらにふしがあれば男の子、なければ女の子が産まれるという言い伝えが語り継がれるほど、安産祈願の神社として名が知られています。
 安産の神さまが見守る京都「わら天神宮」に、安定期を目安に、妊娠4、5ヶ月頃を目安に安産祈願にお参りください。

top_img01

安産祈願

戌の日とは?

 「戌の日」とは日に配当された十二支の「戌」にあたる日のことです。
帯祝いを妊娠五ヶ月目の戌の日におこなうのは、犬はお産が軽いということにあやかるためということと、安定期に入ると胎盤ができて赤ちゃんが動いているのがわかり、自然流産の危険性が低下することを節目とすることによるようです。

 下のボタンをクリックすると、今年の戌の日が表示されます。

戌の日カレンダー

交通案内

お問い合わせはこちら

〒603-8375 京都市北区衣笠天神森町10
受付時間:8時半より17時まで

お問い合わせフォーム

妊娠5ヶ月頃を目安に、安産祈願ならわら天神宮。

京都で安産祈願ならわら天神宮。
「わら天神宮」という通称は、妊婦さんに渡す安産祈願のお守りの珍しさから広まりました。
古来より、稲わらで編んだ籠に神饌を入れて神様に捧げており、やがて抜け落ちたわらを、安産を願う妊婦さんが持ち帰るようになったことを受けて、そのわらを切り取って作った安産のお守りを妊婦さんに授与するようになったのです。
安産祈願のための参拝であっても、ごく一般的なお参りとは大きな違いはありません。
安定期に入られてから、妊娠5ヶ月頃を目安に、ご都合のいい日にお参りください。
お参りになられましたら、祈願をしたいとの旨を社務所にお申し出ください。
お申し込みの際に初穂料をお納めいただきますので、ご用意をお願いいたします。
お申し出いただいた後は当神社がご用意しております、安産お守りや安産お神札、産衣、お祝いお菓子などが入った安産祈願の一式をお受けください。
神職より、ご祈願のご案内をさせていただきます。

TOP